Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1. 「ホルブラ」肉の生産



 鹿追町で、よつ葉乳業に出荷する生乳の生産、肉用子牛の販売、牧草やデントコーンの飼料作物生産、自家産の飼料で育てた牛肉の加工品販売などを行う。営業形態は有限会社で、耕作面65ヘクタール。



 

 1922年に宮城県黒川郡から入植し、曽祖父の内海吉蔵さん(故人)が、小さな田畑でスタートし、その後は、少しずつ酪農を取り入れた。現在は、3代目の父・亮一さん(66)と、4代目の代表取締役・洋平さん(35)が協力し、酪農をメインに経営。150頭を飼育し、来年で丸100年の節目を迎える。



 

 内海さんは「土・草・牛と向き合う仕事を通じて、他者を尊重する心を尊重する心を養い、心技体を成熟させ、牧場が秘める豊かさを発揮させる」を経営理念に掲げる。



 

 多角化を見据え、ホルスタインとブラウンスイスを掛け合わせた「ホルブラ」の生産も始めた。赤み度合いが強いホルブラを、地場産小麦使用のバンズで挟む「鹿追バーガー」を開発。2019年には、JAL国内線ファーストクラスの食事(トマト煮込み)として提供された。



 

 ホルブラの出荷は、早くても4歳以降。しっかりと運動をする事でハリのある筋肉が作られ、シチューで用いても「肉のうまみが、しっかりと肉の中に残る」(内海さん)形だ。



2. アニマルウェルフェアに基づく経営



 同ファームは、「土から育てた自家産のデントコーンを多く与えた生乳生産」を一つの柱としている。牛の健康維持にもつながる事で、結果的に経済的にもプラスになる。家畜にとって快適な環境で飼育する「アニマルウェルフェア(動物福祉)」の考えに基づき、一頭一頭に愛情も注ぐ。



 

 その上で、ホルブラ肉の生産について、内海さんは「ファームの新しい軸として確立したい。メインの酪農とともに、もう一つの柱として、農場全体の持続可能性を高めたい」と話す。



 

 このため、搾乳の役割を終えたホルブラの雌を、7~8歳をめどに出荷する事も検討する。「搾乳を終えた段階で、もう一花咲かせ、価値も高めてあげたい」との思いからだ。



3. 「学び会える環境がある」


 
 内海さんと、北海道中小企業家同友会とかち支部の関係が深まったののは、ホルブラの肉牛化を進める時期から。「普通なら会えない人と会える」。同支部内でのつながりが、さらに新たな縁を呼び、JAL国内線ファーストクラスへの提供につながった。



 

 内海さんは現在、農業経営部会で幹事を務めて4年目。小さな地域から地球規模まで見据えたビジネスを検討する人、小規模ながらも顧客が求めるモノを追求する人…など、「しっかりとした考えを持った人たちが集まっており、学び合える環境がある」と話す。



 

 妻の絵里さん(40)も、同支部の経営指針研究会に参加する。「妻は一番の相談役。妻の視点でもう一度、内海ファームを見てもらいたい」(内海さん)。絵里さんも、育児に少し余裕が出てきた今春から、ファームの経営にも携わるようになり、二人三脚で歩む。



4. 持続化可能な地域と生きる経営



 「牛飼いの『うっちぃファーム』の肉を食べたい、楽しみにしている、という人たちに、応えていきたい」と話す内海さん。年5頭のホルブラが販売できれば「生乳生産とともに、ファームの柱の一つになる」とも。



 そのためには、予約販売やネット販売体制の確立など、経営面の強化だけでなく、牛の快適性や生産性を向上させる必要もある。



 「3代目は乳牛の安定供給の基盤を作った。自分は個性を出しながら、多角化が進められれば」。粗飼料生産を基盤とした乳肉複合農業に、独自販売開拓を加えた「持続化可能な地域と生きる経営」を目指す。

この記事をシェアする

DATA

名称 有限会社 内海ファーム
代表者 内海洋平
所在地 河東郡鹿追町美蔓西21-20-14
営農形態 有限会社
耕作面積 65ヘクタール
飼育頭数 150頭
主要生産物 生乳(出荷先・よつ葉乳業)、和牛子牛等初生トク販売、飼料作物(牧草、デントコーン)
加工品 牛肉、牛肉加工品(委託製造)
HP なし
SNS Facebookページ 牛飼いの「うっちぃファーム」
※WEB販売ページ制作中
メール y.uttie123@gmail.com
電話番号 090-2071-8538
ファクス 0156-66-3121
WEB販売 なし
アクセス とかち帯広空港から1時間10分