Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1. 3代目としてパプリカの生産も取り入れる

 芽室町のほぼ中心地で、小麦、ジャガイモ、ビート、グリンピース、枝豆、キャベツ、スイートコーン、小豆、大豆、カボチャのほか、施設野菜としてパプリカ、ナス、オクラ、ナンバン、ゴーヤなどを生産する。耕作面積は約38ヘクタール。

 

 捕鯨船の機関士をしていた初代の祖父・堀井正己さん(故人)が、横浜で祖母・ハル子さん(故人)と結婚後の1942年、ふるさとの芽室に戻り、小豆、大豆、小麦、ジャガイモ、ビートなどを生産する基礎を作った。

 

 2代目の父・恒憲さん(79)も畑作専門農業を営み、2006年に継承した和宏さん(48)が3代目。新規作物として野菜の生産を導入し、パプリカなどの生産も取り入れた。

2. 「なまら十勝野」を同志と設立

 

 堀井さんが、JAめむろ青年部長をしていた30代。畑作物の品目ごとの価格安定対策を廃止し、一握りの「担い手」に絞って所得の減少に対する補てん(直接支払い)を行う「品目横断的経営安定対策」が、導入される動きと重なった。

 

 「努力しても報われない政策」と感じた堀井さんは、JAめむろ青年部の研修で旭川などを訪問。「(作物を実際に消費する)エンドユーザーの存在が見える農業の必要性を感じた」という。

 

 生産した作物を消費者にしっかりと売る。そのためには法人化が必要。そうした思いを抱いた同志13戸で、2016年に「おいしい野菜を作りたい」をコンセプトにする生産者グループ「なまら十勝野(とかちや)」を設立。現在も取締役として、肥沃な十勝平野で育んだ作物を全国に届ける活動を進める。

3. 「安全、安心、おいしい」の見える化

 自身の営農へのこだわりは「安全、安心、おいしい」の見える化だ。「安全」については、農作物の安全と環境保全、持続可能な農業経営を確立している農場に与えられる認証・JGAPを取得。農場と生産物の見える化にも努めている。

 

 また、「安心」では、対面販売となる地域の直売所や「なまら十勝野」などを通じて、消費者と積極的に交流。安心感の醸成にもつなげている。

 

 そして、「おいしい」は「栄養価の高い機能性野菜の生産を目指す」と設定。微生物や有機物が豊富な環境を作るだけではなく、一部の野菜は、研究機関による成分分析で栄養価を示すなど、消費者の視点に立ったおいしさも追求する。

4. 「農業や食通じて世界を笑顔に」

 

 「自分が知らない環境の中で、挑戦し続けている方々とお話し、勉強する機会が欲しかった」と話す堀井さんが、同友会に入会したのは2012年。

 

 活動を始めると、「(各会員が)チャレンジしている姿に感動するとともに、わくわく感が止まらなかった」という。各会員が、それぞれ違った環境の中、プラス思考で動く。得るものの大きさは「会員にならないと分からない」と笑う。JGAPや、食品衛生管理の国際基準「HACCP(ハサップ)」の浸透は、堀井さんが同友会でも最も力を入れる活動の一つ。農業経営部会の幹事としても内外に浸透を図っている。

 

 戦後の貧しい生活環境の中、苦労しながら畑を切り開いた祖父母に父母、そして、十勝の大地の恵みにも感謝する日々だ。だからこそ、持続可能な農業を続けるとともに、「安全・安心で環境に優しい農業を次世代に引き継いでいくのが使命」と話す。

 

 新型コロナウイルスの流行で、先が見えない時勢が続く。「農業や食を通じて世界を笑顔にできれば。ちょっと過ぎる夢ですが…」。その実現に向けて、「なまら十勝野」や同友会でつながった仲間たちと、少しずつでも着実に歩む。

この記事をシェアする

DATA

名称 堀井農場
代表者 堀井和宏
所在地 芽室町南6線37番地8
営農形態 個人
耕作面積 38ha
主要生産物 パプリカ、オクラ、ナス、カボチャ、キャベツ
加工品
HP
SNS
メール kazu.h.527@gmail.com
電話番号 0155-62-4684
ファクス 0155-62-4684
WEB販売 なし
アクセス とかち帯広空港から車で40分