Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1、耕作面積207ha、コントラ事業も


 鈴鹿誠社長(54)が実家に就農した1982年当時の農地は40ヘクタール。それを徐々に拡大し、現在、芽室町内に持つ耕作面積は207ヘクタール。この広さは十勝平均の5倍近くで、アメリカ平均をも上回る。うち114ヘクタールに、農薬や化学肥料を5割以上削減して作る、特別栽培の小麦を作付けしている。他にジャガイモ、大豆、小豆、ナガイモなどを栽培する

 多角化も図ってきた。99年には農産事業とは別部門の鈴鹿プランニングサポートを設立。同社は地域貢献を目的とし、麦稈(かん)ロール販売や融雪剤散布、ジャガイモ収穫のコントラクター事業を行っている。現在は鈴鹿社長の弟が社長を務める。年商はグループ全体で3億3000万円、社員12人を雇用する。



2、小麦を特別栽培、自社施設で品質管理


 売り上げの3分の1を占めるのが特別栽培(特栽)小麦だ。自社で小麦の乾燥・調製施設を保有していたことから特栽が可能となり、2009年に芽室町の仲間と特栽小麦の生産者グループ「十勝はる麦の会」を設立。一元集荷から脱し、顔の見える生産者となった。出荷先は北海道農業企業化研究所(HAL財団)。農産物の国際基準、グローバルGAP認証も取得している。

 特栽のガイドラインにのっとり、秋は化学肥料を使わず堆肥(たいひ)と鶏ふん、鶏ふん焼却灰を畑に入れる。これは地力回復にもなったという。約2憶円を投資した小麦の乾燥・調製・貯蔵施設について鈴鹿社長は、「外部混入のリスクを最小限に抑え、パック詰めまでできる」と品質管理面のメリットを強調する。



3、助言受けて加工品開発


 同友会には18年に入会。ちょうどサツマイモの干し芋加工を検討していた矢先で、「小規模加工研究会」に興味を持って参加した。そこで得た技術情報や助言も元に開発を進め、今年秋には鈴鹿農園初の農産加工品「紅はるかの干し芋」ができる見込みだ。「入会していなかったら、今だにめどは立っていなかっただろう」と鈴鹿社長。
 
 さらに農産加工品の販売開始を見据え、物流や販路開拓、マーケティングなどを研究する農商工連携部会の「十勝地域商社研究会」にも参加している。「栽培と加工まではできても、その先は門外漢。特に梱包や配送費など物流コストについて知り、できるだけ安くして消費者に届けたい」と考えを示した。



4、「農業らしくない農業」目指して革新


 鈴鹿農園はこの30年で農業革新を進めた。「そもそも農業を継ぐことを望んでいなかった。だから農業らしくない農業をやろうと思った」と言う鈴鹿社長。その言葉通り、労力を軽減させる大々的な機械化も特徴だ。中古を含め日本初上陸の先鋭農機具を複数輸入し、速い作業で効率を上げている。

 今年秋には日本ではまだなじみの薄い「スペルト小麦」を作り始める。自らドイツへ渡り栽培技術を研修してきた。この小麦は原種小麦の一種で、栄養価が高く、小麦アレルギーを発症しにくいなど複数の特長を秘めている。鈴鹿社長は「ブームの火付け役となり、消費者の健康に貢献したい」と新たなチャレンジを語った。


この記事をシェアする

DATA

名称 有限会社鈴鹿農園
代表者 鈴鹿誠
所在地 〒082-0006 北海道河西郡芽室町東芽室南1線17
営農形態 畑作
耕作面積 207ha
主要生産物 小麦、ジャガイモ、大豆、小豆、ナガイモ、ニンニクなど
加工品
HP https://suzuka-farm.com/
SNS Facebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100035637728744
メール
電話番号 0155-62-0442
ファクス 0155-62-0470
WEB販売 なし
アクセス とかち帯広空港から車で約30分