Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1、自立した経営へ、生乳に価値加える


 大雪山のふもと上士幌町。新村家が富山県から入植したのは1933(昭和8)年。曽祖父が拓いた土地と意思を受け継ぎ、革新をもたらしたのが4代目の新村浩隆社長(47)だ。新村社長は酪農学園大学を卒業後、別海町やニュージーランド、オーストラリアで放牧酪農を学び、94年からは自分の牧場でも取り入れた。2000年に法人化して十勝しんむら牧場を設立、ミルクジャムをはじめとする乳製品製造を本格化させた。現在の社員数は役員含め13人、パート10人。年商は2憶3000万円。

 その後も菓子製造やカフェ「クリームテラス」の運営、放牧養豚など多角的な経営に取り組んできた。この展開について新村社長は、「大目的は価格決定権を持ち、自立した経営を確立すること。加工・販売や飲食店経営などはあくまでもその手段」と話す。



2、「健康な土」で放牧。牛も健康に


 大学や留学先で学ぶうち、農業の根幹は土だと気付いた。しかし良い土を作る方法が分からない。放牧を始めたものの牛は青草を食べてくれなかった。そんな時、世界で活躍する農業コンサルタントと知り合い、土壌分析を依頼するようになってから70haの畑は変わった。牛ふんの分解が早くなり、牧草密度は上昇。牛もよく食べるようになったのだ。「健康な土には微生物や虫が豊富にいて、その虫を食べに鳥が来るなど、生体の循環が活発に起きている」と新村社長。

 土作りに取り組んでから、牛は病気をほとんどしなくなり診療回数は減ったという。1頭当たりの平均分娩回数は3.7産で、7産、8産する牛も1割ほどいる。土と草と牛、そして乳。いずれもつながっている。



3、「学び合う会」、事業立ち上げの支えに


 新村社長は大学3年ごろから自立経営の青写真を描いていた。「生乳を出荷するだけでは価格の決定権を得ることはない。生産したものに価値を付加して経営を充実すべき」と考えた。一般的な乳加工品はチーズやアイスクリームだが、それはすでに市場にある。検討していくうち「自家牛乳の特徴が生かされるなら、何を作ってもよい」と柔軟に考え、日本にはまだ普及していないミルクジャムに目を付ける。まずはこれだと思い2年半ほど掛けて商品化した。

 このころ、乳製品を手掛ける同友会の先輩経営者から、教示を受けたり視察に出向いたりして参考にした。「学び合う会だから教えを請いやすかった。スタートアップを支えてもらった」と振り返る。



4、共生する農業が商品価値に


 これからの農業について、「生産性を上げるだけでは世の中に認められなくなる。地球や動物と共生する農業を持続させれば、最終的に商品価値を生むだろう」と持論を語る。

 人材育成も課題とし、「ここを学びの場として、新規就農希望者が無理なく参入できる仕組みを作りたい。技術だけではなく経営管理の知識も必要。放牧の研修農場は少ないので役立つはず」と展望を示してくれた。

 また「土地に縛られず、経済活動の場を模索したい。いずれ海外で酪農を基盤とした事業展開ができたらいい」と前衛的な意欲も見せる。



この記事をシェアする

DATA

名称 有限会社 十勝しんむら牧場
代表者 新村浩隆
所在地 〒080-1407 北海道河東郡上士幌町上音更西1線261番地
営農形態 法人
飼育頭数 乳用牛130頭、豚60頭
主要生産物 生乳、豚肉
加工品 ミルクジャム、生クリーム、クロテッドクリーム、焼き菓子、ソフトクリーム、ヨーグルト、放牧豚ハンバーグなど
HP https://milkjam.net/
SNS Facebook  https://www.facebook.com/profile.php?id=100000750934430&__tn__=%2Cd-]-h-R&eid=ARDyeUl2jvcC3Q66eV3lJ1r9FSSHlW5XsFK_9Rm17pmSTmeXWfJ7Yw5AC0Y-xN9Zy1pJwCRsHgJAoJVT
メール
電話番号 01564-2-3923
ファクス 01564-2-3919
WEB販売 あり
アクセス とかち帯広空港から車で約90分