Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1、アメリカ研修を経て、35歳で規模拡大


 池田町中心部から北へ約9キロメートル。池田町の田園風景を見下ろす近牛地区に小林牧場はある。明治30年代の入植から、現在代表の小林靖夫さん(64)で3代目。小林さんは酪農学園大学短期大学部を卒業後、2年間のアメリカ農業研修を経て実家に就農した。

 1989年までは畑作兼業。つなぎ牛舎で40頭ほどを飼う小さな農家だったが、90年、小林さんが35歳の時にフリーストール牛舎とミルキングパーラーを導入し、規模拡大を果たす。その後徐々に飼育頭数を増やし、今は搾乳牛90頭を含むホルスタイン180頭を夫婦2人で飼育している。



2、町議としても活動


 小林さんがこれまで農業人として念頭に置いてきたのは、「酪農経営を存続させること」だったという。「継続するためには、体細胞対策など乳質の維持がまず重要。同時に生産量を増やして収益を確保する必要性にも直面した。この両立を図るため、作業効率を上げるフリーストール化に踏み切ったが、29年前のあの設備投資は自分にとって想像以上の価値があった」と振り返る。

 時間的にも経済的にも余裕ができたおかげで、町政に関わる意識と余力が生まれたのだ。11年からは池田町農業委員会会長を6年務め、17年からは池田町議会議員として町民のために活動している。



3、同友会仲間に支えられ前向きに


  これまでには苦難もあった。その際たるものが2000年に起きた倉庫火災。大型機械も被害を受けるなどダメージは大きく、その後数年間にわたり経営は低迷した。そしてその間、支えとなったのが同友会仲間だった。「つらい時に話を聞いてもらったり、アドバイスを受けたりすることで前向きになれた」と小林さんは感謝を口にする。

 農業部会長を務めた04年ころには中国研修を企画し、中国経済の草創期をつぶさに見て刺激を受けた。「同友会に入ったことで、普段の生活圏では知り合えない人と出会え、できない経験ができた。何より経済活動の原理を学べたことは大きい。もし入会していなかったら、町議になることもなかっただろう」と力説する。



4、安定経営と住みよい町づくりが目標


 小林さんに今願っていることを聞くと、「十勝に優秀な農業経営者が育つこと」と返ってきた。「これまでは実家を継いで農作業さえやっていたら生活ができたが、これからは違う。若い世代は時代に合った農業経営の感覚を身に付けて、十勝をけん引していって欲しい。アイデアや人脈を生かして経営基盤を強化することも重要。自分の事業に投資をしなければ、変化や成長は起こらない」と若手に希望を託す。

 小林さん自身の今後については、「酪農業をこのまま安定維持しながら、池田町議として町に資金が循環する、住みよい町づくりに努めたい」と抱負を語ってくれた。


この記事をシェアする

DATA

名称 小林牧場
代表者 小林靖夫
所在地 〒089-3153 北海道河東中川郡池田町近牛64
営農形態 個人
飼育頭数 乳用牛180頭
主要生産物 生乳
加工品
HP
SNS
メール
電話番号 015-573-2726
ファクス
WEB販売 なし
アクセス とかち帯広空港から車で約60分