Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1、量より質。持続型農業目指す


 1976年から3年間、中野牧場の年間出荷乳量(個人)は十勝管内1位を記録。89年には学校廃材でフリーストール牛舎を建設するなど、気鋭の酪農経営を行っていた。現在はどうか。昨年1月、代表取締役に就任した3代目の中野大樹さん(36)に聞くと、「人も牛も無理をしない方針。生産量にはこだわらず、乳質を重視している」の答え。

 父繁実さんの代から30年近く、土壌研究グループ「北海道SRU」のメンバーとして、土を健康に保つ研究に取り組んできた。自然の生態系を崩さず、共存する持続型農業。これも中野牧場が目指す未来だ。



2、牛への負担減で乳質と繁殖率向上


 牛を大切に飼う姿勢も特徴的だ。できるだけ牛にストレスを与えないよう夏季は放牧する。また数年前からは牛を消耗させないよう、少しずつ配合飼料を減らして自家製粗飼料を増やしてきた。「すると牛の繁殖率が高まり寿命も延びた。だから牛が増え過ぎるのが悩み」と、うれしい悲鳴を上げている。

 こうした土作りと粗飼料作り。牛にストレスや負担を掛けない飼育の仕方。それぞれの効果か、中野牧場の生乳は乳脂肪分が高く、年間平均4.2%を維持するほどだ。この乳質がよつ葉乳業の目に留まり、2018年春からは「特選4.0牛乳」の原料となっている。「乳質・乳成分が認められたことはうれしかった。昨年夏も特選基準値をクリアし続けることができ、自信につながった。今年も責任を持ちながら、量より質でやっていきたい」と中野代表。



3、同友会での活動を生かし、経営理念を作成


 同友会には代表取締役となった18年1月、「自分に足りないものを知り、先輩経営者から学びたい」と考えて入会した。1年目は経営指針委員会の経営理念グループで活動。「経営理念の必要性と作成方法を理解できたのも同友会のおかげ。最近、中野牧場の経営理念も作成し、今はパネルの完成を待っている最中」と笑顔を見せる。

 19年度はスタートアップ委員会に所属し、運営委員として新入会員のサポートをする他、農業経営部会の幹事に就く予定。「それぞれの場で得るものは多いはず」と期待を膨らませる。



4、200年後も、必要とされる牧場に


 働きやすい牧場にすることも目標だ。「酪農イコール長時間労働のイメージを払拭するため、うちは1日8時間以上労働しないという就業規則を設けている。年間休日数は18年度で約90日。今後さらに増やしていきたい」と働き方改革に前向き。実際、中野牧場の社員定着率は高く、在籍する社員8人の勤務年数は長い。

 今後は牛の増加対策のため牛舎の新設も考えている。しかしその大目的は利益追求ではなく地方創生のためだという。最後に今の思いを聞くと、「一生涯学び続けて、農業の素晴らしさを社員や世の人々に伝えたい。夢は、100年後、200年後も中野牧場が地域に必要とされて存在すること」。そう力強く語ってくれた。


この記事をシェアする

DATA

名称 株式会社中野牧場
代表者 中野大樹
所在地 〒081-0214 北海道河東郡鹿追町北鹿追北10線3-55
営農形態 法人
飼育頭数 乳用牛600頭
主要生産物 生乳
加工品
HP http://nakanofarm.com/
SNS Facebook  https://www.facebook.com/profile.php?id=100023915917089
メール t-y.kmmmt@docomo.ne.jp
電話番号 0156-67-2077
ファクス
WEB販売 なし
アクセス とかち帯広空港から車で約60分