Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1、売上・利益計画を持たず、顧客本位に徹する


 家畜飼料を加工販売するタイセイ飼料は、中部飼料(本社・愛知)の関連会社として1992年に設立。翌年、境田一郎現社長(62)が2代目に就任し、2000年には中部飼料から独立。経営理念の「お客様の要望を見つけ出し、これを満たす」に徹するため、売り上げ計画と利益計画を撤廃した。「数字のノルマがあると営業担当は、お客様にとって当面必要でないものでも勧めたくなるから」と境田社長。

 農家ごとの要望に合わせた飼料設計を行い、顧客の経営力向上をサポートしてきた。その結果、同社の一顧客あたり販売量や取引先は増え、順調に増収。今年度の年商は85憶円となる見込み。現在は釧路支店(釧路町)とオホーツク営業所(紋別市)があり、役員4人、社員26人の体制となっている。



2、食品リサイクル型のTMR発酵飼料で注目


 1997年から食品製造で生じる副産物を活用して、TMR発酵飼料(ウエットTMR飼料)作りに着手。2001年度「農水省食品リサイクル技術開発事業」において北海道で唯一採択されたほか、「フード・アクション・ニッポンアワード2011」では研究開発・新技術部門で優秀賞を受賞するなど、技術と実績を蓄積してきた。

 試行錯誤を重ね、TMR発酵飼料の原材料として実用化したのは、ポテトチップス用のジャガイモ皮やビールの酵母、ニンジンジュースの搾りかすなど。境田社長は「いずれも栄養価、嗜好(しこう)性共に良い。常食する牛の健康状態は良好と聞く。今では全国から食品残さの活用依頼が舞い込むようになった。今はカボチャのワタを研究中」とその特徴や今後の事業アイデアを語る。



3、同友会の催事を機に、社員と一体感


 同友会には1995年ごろ入会した。「経営者として何をすべきか模索していた時期。他の経営者から学びたかった」。思い出深いのは入会してすぐの収穫感謝祭だ。境田社長の担当は駐車場係で、その日は雨。ぬかるむ車を押し、泥だらけになって動き回った。「その姿を社員たちが見ていたのか、翌日から社員との一体感を覚えた」と振り返る。

 境田社長の理想は「社員と社員の家族とお客様が、健康で幸せであること」だ。そのバイブルともいえるのが「リストラなしの年輪経営」(塚越寛著・光文社)。取引先を訪問する際は、文庫版を手土産としている。



4、畜産現場の課題解決する「アドバイザー」に


 タイセイ飼料の要望対応は幅広い。特色であるTMR発酵飼料はオーダーメードで混合する。その際、活躍するのが細断型マルチベーラー「LTマスター」だ。日本にある10数台のうち2台を保有する。粉状素材も梱包でき、1日の必要量に合わせてロールの直径を変えられるのが強み。また採算は厳しいが、非遺伝子組み換え飼料も提供している。

 「こうしたニーズをとらえ、顧客数を600軒に増やせたのは社員のおかげ。農業系大学出身者はほとんどいないが、お客様と共に問題に向き合うアドバイザーとして信頼を得てきた。今後も道東の畜産に役立てるよう、新たな人材を迎えて歩んでいきたい」と、境田社長は語る。


この記事をシェアする

DATA

名称 タイセイ飼料株式会社
代表者 境田一郎
所在地 〒080-0272 北海道河東郡音更町下士幌北2線東29番地
営農形態
主要生産物
加工品 乳用牛飼料、肉牛飼料、養鶏飼料、養豚飼料、TMR、エコフィード
HP http://www.taiseishiryo.jp/
SNS
メール taiseishiryo@bz01.plala.or.jp
電話番号 0155-31-3731
ファクス 0155-31-5911
WEB販売 なし
アクセス とかち帯広空港から車約50分