Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1、増頭路線を離れ、変革へ


 大規模牧場が連なる上士幌町の北部で、乳牛600頭(搾乳牛420頭)を飼育する。副代表を務める村上智也さん(36)の祖父が1970年に酪農業を始め、父で現代表の靖さんが、1990年代初めからフリーストール牛舎やロータリーパーラーを導入するなどして大規模化を図った。

  3代目の村上さんは、北海道立農業大学校(本別)を卒業後、父と共に規模拡大路線の経営を進めていたが、30歳ころ「このままで良いのだろうか」と疑問を覚えた。「規模拡大に伴う設備優先の経営は、牛も人も疲弊する。自分は楽しい酪農をやりたい」。そう父を説得し方向を転換。牛にしっかりと向き合う酪農を軸に、若手の新規就農も支援するなど、特色ある経営に取り組んでいる。



2、つなぎ牛舎5棟を新設


 村上さんが行った変革の目玉。それは6年前に新設したつなぎ牛舎5棟だ。1棟60頭用で、各棟にバルククーラーを設置。「つなぎは時代遅れと思われがちだが、牛を丁寧に観察できる」と見直した。棟ごとに担当従業員を配置すると、1頭当たりの乳量が2割アップ。「これは常に同じ牛を管理し、牛の能力を引き出した成果。つなぎ牛舎の仕事は分業ではなく一連で行うため、人材育成にも最適」。現在、搾乳牛の6割がつなぎ。

 クラウド牛群管理システムも活用している。例えば、発情や体調不良の牛がいると人工知能が検知。事務所の大型モニタや従業員らのスマートフォンに通知される。村上さんは、「いつでもどこででも牛の情報が一目瞭然。とても役立つ」と笑顔を見せる。



3、異業種の会員と交流できる


 同友会農業経営部会に入会したのは3年ほど前。村上さんが、ある経営者セミナーに参加した際、同友会とかち支部の事務局員も居合わせていたことがきっかけ。その後、事務局が村上牧場を訪問し入会を勧めた。「ちょうど異業種の人々と交流し、見識を高めたいと考えていた時。良い機会だと思い入会した」。参加してみて村上さんは、「同友会は有意義な場。会員さんたちとの対話によって、自分の考えは間違ってはいないと再確認することも多い」と話す。



4、夢は酪農家戸数を増やすこと


 とかち村上牧場は、新規就農を目指す従業員が、実際に独立できる実力をつけた時には就農支援をし、独立後も連携を惜しまない方針。「農地探しから資金の集め方、乳牛導入まであらゆるサポートをしたい」。

 就農支援の目的は、酪農家戸数を増やすためだと言う。「農家が点々と増えていけば、地域経済が活性化する」というのが村上さんの考えで、その実現に向け人材育成に注力する構えだ。

 2019年度から新卒1名を採用し、従業員は16名となる見込み。村上さんは、「人材を確保するには牧場名を売ることも大事。その策として、6次化や観光牧場事業にも乗り出したい」と意欲を見せている。

この記事をシェアする

DATA

名称 とかち村上牧場
代表者 村上靖
所在地 〒080-1408 北海道河東郡上士幌町上士幌東3線336
営農形態 個人
飼育頭数 乳用牛600頭
主要生産物 生乳
加工品
HP http://www.murakami-ranch.com/
SNS facebook https://www.facebook.com/murakami.farm.group/

twitter とかち村上牧場@murakamibokuzyo

youtube https://www.youtube.com/channel/UCE-9XbTf2yAmsjzNAISYjpg
メール murakamisanchi_mail@yahoo.co.jp
電話番号 090-2697-1481(村上智也副代表)
ファクス 01564-2-4865
WEB販売 なし
アクセス とかち帯広空港から車で約90分