Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1、帯広市街地近郊で長ネギ、タマネギ生産


 帯広市の市街地に近い稲田町で農業を営む。入植して4代目。17ヘクタールの畑で、長ネギ、タマネギ、小麦を生産する。先代で分家したこともあって作付面積は、十勝管内の平均より少ない。土地は札内川に近い沖積土にある。「その分、収益性の高い作物に切り替えた」と中村正信代表。先代でタマネギを始め、中村代表の代になってから長ネギも加わえた。今ではこれらの野菜が経営の中心。地元だけでなく、関西の百貨店系列の大手スーパー、愛知県内の中堅スーパーに販路を広げた。



2、おいしさの一つは土づくり


 畑の土を毎年土壌分析し、診断結果を施肥計画にフィードバックする。過剰施肥を控えることで、土本来の力が回復して作物も元気に育つ。土を団粒化し、ふっくらと柔らかくするために海藻粉末も使っている。今年の十勝は6月の天候不順で畑作は苦労した。ただ中村代表は「タマネギにとって厳しい年だったが、うちの収量は平年並みかそれ以上だった」と振り返る。その理由の一つに考えられるのが土づくり。「今まで専門家に土壌分析を頼み、過剰施肥にならないよう手をかけてきた。最近は(農業が)上手になってきたかな」と謙遜する。



3、同友会で経営と土づくり学ぶ


 土づくりの大切さを知ったのは同友会の仲間からだった。「SRU」と呼ばれる土づくりのグループに誘われて、考え方が大きく変わった。その土に合った効率的で効果的な施肥を行うことで、育てた作物の収量や品質が向上し、コスト削減にもつながる。スーパーで重視される店頭での日持ちも長くなった感覚を持つ。経営の部分でも勉強会に参加して財務を学んだ。同友会のつながりで管外の販路拡大もできた。中村代表は「良い作物を育てる『ものづくり』は大事だけど、販路と財務も含めてどれが欠けてもいけない。その大切さを同友会で学んだ」と語る。



4、「人生残りはロスタイム」


 事務所のパソコンのデスクトップには「人生残りはロスタイム」との言葉が。1日1日を大事に農業を営もうとの気持ちがにじむ。現在は農作業の多くは長男が担当し、中村代表は経理や渉外関係を担っている。「息子がもう少し経営を勉強したら引き継いで、自分は独立して何かしたい。加工か別の仕事か、それまでに考えるよ」と笑った。

この記事をシェアする

DATA

名称 中村農場
代表者 中村正信
所在地 帯広市稲田町東1線10番地11
営農形態 畑作
耕作面積 17.1ha
主要生産物 長ネギ、タマネギ、小麦
加工品
HP
SNS
メール inada-n.noujou@wave.plala.or.jp
電話番号 0155-48-2478
ファクス 0155-48-2478
WEB販売 なし
アクセス とかち帯広空港から約30分