Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1、開拓4代目、「食品」に注力

 岡山県から入植した前田金四郎氏のくわを継ぎ、2019年には開墾120年を迎える。2代目の美次氏が「前田農産食品」を起こし、でんぷん工場を操業を開始。3代目の芳雄氏は主に「農産」の分野で規模を拡大し、4代目で現農場主の茂雄氏は「食品」にも力を入れる。
 現在は小麦、ビート、トウモロコシ、ヒマワリが主要生産物で 、耕作面積は120㌶に上る。「本別町は気候にも土にも恵まれ、何かに挑戦する土壌が整っている地域」と茂雄氏。新たな作物や新事業進出のDNAを引き継ぐ。

2、研究重ねポップコーン商品化

 茂雄氏が目指すのは「自分らしい農業」「ストーリー性のある農業」。農業は「冬」と「雨風」に弱いが、「付加価値創造期間」でもあると考える。
 それが生きたのがポップコーン加工。「冬の農業をどうしようかコンバインの説明書を見ていたら、たまたまポップコーンの文字が目に入った」。すぐに爆裂種トウモロコシの栽培に着手し、米国視察など研究を重ねて、自社加工による商品化にこぎ付けた。栽培から5年目の17年には25万個を出荷、道加工食品コンクールで知事賞を受けた。

3、多様性ある同友会

 同友会の農業経営部会には31歳のとき誘われて入会し、35歳ごろから本格的にかかわった。「情報を発信でき、情報が手に入る。一番の魅力は『多様性』があること」と語る。さまざまな地域性、作物・品種、人、考え方などに触れることで、自身の環境を客観的に見ることができるという。17年から部会長を務める。「農業経営を勉強したい人の集まり。その意味で自分にも他人にも役に立つ組織です」とアピールする。

4、ひまわり迷路復活へ

 農業経営部会での活動や「付加価値創造期間」を通してアイデアを膨らませ、「自分らしい農業」を目指す。19年夏には本別町内で「ひまわり迷路」を計画。過去に芳雄氏がけん引した「とうもろこし3万坪迷路」、昨年で中止になった「ひまわり3千坪迷路」を引き継ぐ。「どの市町村も人口減少に苦しんでいる。少しでも地域の活性化に貢献したい」と、自社の経営だけでなくふるさとの発展に目を向ける。「終わったヒマワリは種を加工し、パン業者に卸したい」と笑う。

この記事をシェアする

DATA

名称 前田農産食品株式会社
代表者 前田茂雄
所在地 本別町弥生町27-1
営農形態 畑作・法人
耕作面積 120Ha
主要生産物 小麦、ビート、トウモロコシ、ヒマワリ
加工品 十勝ポップコーン
HP http://www.co-mugi.jp
SNS
メール info@co-mugi.jp
電話番号 0156-22-8680
ファクス 0156-22-0015
WEB販売 あり
アクセス とかち帯広空港から車で1時間(約70キロ)