Loading...

HARVESTERS TOKACHI

HARVESTERS TOKACHI

MEMBER

会員紹介

道中小企業家同友会とかち支部農業経営部会に所属する会員の紹介記事を掲載しています。

1、衛星画像を毎日配信


 米国の宇宙ベンチャーが撮影した衛星画像を、農業者向けに生育マップとして提供する。作物の生育状態や異常が早期に分かり、農家の効果的な管理や施肥につながると期待されている。
 小麦の刈り取り時期の判断や、作物の生育に応じて肥料の量を変える「可変施肥」などに活用が可能。4月から11月までマップにアクセスが可能で、晴れれば毎日、最小3メートル四方の画像を見ることができる。分析データの提供も加えた料金は、年額1ヘクタール当たり2000円。生育マップを見るだけなら同200円で提供する。
 瀬下(せしも)社長は「高頻度の衛星リモートセンシングデータを安価で気軽に見られる時代が到来している。地域に根ざして農家さん目線で課題解決できるよう長く続けるサービスを目指したい」としている。



2、同友会で経営学ぶ


 瀬下社長は、重工業大手のIHIで純国産ロケット「H2A」のエンジン開発などに参画し、文部科学省に出向して宇宙行政にもかかわった。2011年からは、人工衛星によるリモートセンシング(遠隔測定)の活用を担当。農作物を生育管理するシステムの開発を十勝で進めたものの、同社は15年に事業を事実上断念。将来性を感じていた瀬下社長が独立してスペースアグリを立ち上げた。
 技術者として一線を歩んできたが、経営は初めての経験。「経営のいろいろな知見を得たかった。農業者のつながりも広がる」と同友会農業経営部会に入会した。



3、農業の多収、高品質へ改良重ねる


 現在の衛星データの提供エリアは十勝とオホーツク管内。8JAと契約を結び、個人契約も2百軒になるが、さらに数字を伸ばしていくことが目標になる。会社設立後、今年は実質的に初めての営農シーズンだった。「今年の6、7月は天気の悪い日が多い中でも一定の画像を提供できた。まだまだ伸びしろがあると考えていて、農作業が落ち着いたら農家さんの意見を聞き、多収、高品質につながる改良を重ねていきたい」と抱負を話している。

この記事をシェアする

DATA

名称 スペースアグリ株式会社
代表者 瀬下隆
所在地 帯広市西13条北1丁目1番地26
営農形態
主要生産物
加工品
HP https://www.space-agri.com
SNS
メール info@space-agri.com
電話番号 070-4293-7773
ファクス 0155-66-4474
WEB販売 なし
アクセス とかち帯広空港から約45分